March 2005
3/30 (水) どこかに
去年は時期的に本当は遅めだったけれど6月にかすみ草の種をまいて、
その少しずつ成長する様を眺めてずいぶん楽しませてもらった。
また花をつけてからも寒さに負けず、11月になっても白い花を咲かせていた。
今日はそのかすみ草の種の収穫日。
小さな種を集めながら、この花の上に蜂や蝶がとまっていたのを思い出す。
しかしアメリカに種は持っていけないのでどこかに蒔いて行こうと思う。
さてどこに蒔いたらいいのやら、、、
もしもあなたの家の近所で今年急にかすみ草が咲き出したら犯人は私です。

3/28 (月) 男前!
久しぶりに三重に向かうために高速にのった。もうカーナビ入らずのこの路。
いつもどおりに御在所SAに寄り、いつもどおりにコーヒーを買い、いつもどおりに伸びをしながら
今日は大好きな矢野あり嬢の担当番組が最終回という事で、津にあるFM三重にお邪魔した。
私はもう2年も前に卒業したFM三重だけれど、いまでも変わらずに暖かく迎えてくれる皆さんの笑顔や
木全体に紅がさしたような桜並木のある風景や、いろんな事にやっぱり三重って大好きと痛感。
担当番組が最終回を迎える時って、やっぱり寂しかったりもするのだけれど、
今日のありさんはいつも以上に格好よかった。男前度500%強な位に元気いっぱい喋り終えた。
私がウッチャンだったら、徳ちゃんではなくありちゃんの男前度にも惚れるだろう。
春は出会いと別れが交差して、楽しくもアリ寂しくもアリ、だけど、元気な矢野ありが大好きだとまた今日も思った。
ありさんお疲れさまでした。またあなたの元気をいろんな所でぶちまけて下さい。よっ男前!

3/23 (水) ごはんには

法事で父の田舎に行った。
その田舎の名物には朴葉みそがあって、私はそれが大好き。
今日も昼食でみんなで行ったレストランでも迷わず朴葉みそ定食を選んだ。
よくこれがあればご飯が何杯でも食べられるというおかずは?という問いがあるが、私はこれ。
でも私が幼かった頃はチーズが大好きで、祖父が生きていた頃はいつもチーズをおねだりしていた。

あの頃はチーズさえあればお菓子もいらない程好きだった。
年を重ねるにつれていろんなモノを食べて舌も肥え、身体も最近肥えてきた。。。
このままアメリカ基準に併せてしまうと後が怖いので、今日はご飯のおかわりはなし。


3/21 (月) 流れ出す想い

今日はまるきりオフ。という事で銀座で映画「エターナル・サンシャイン」を観た。
「さよならの替わりに記憶を消した」 というキャッチコピーに心惹かれて選び出したこの一本。
この選択理由に私もまだまだだなぁと思うのだけれど、別れた後に恋人同士だった頃の
キラキラした時間の想い出が辛くて、ならばいっそ、その記憶を消してしまう事を選んだ
登場人物達。
なんだかこのストーリーに心そそられてしまったのです。
という感じで少しシネマチックな気分を抱えたまま、今回の横浜&東京Daysを振り返り新幹線に乗った。
途中浜松駅で下車し、この街は音楽の街なんだというのを目の当たりにして足をとめ、
また少しいろんな想いがピアノの旋律につられて流れ出した。
本当に私にはいろんな場所に大切な人がいる。そしてみんなと出逢えて幸せ。
みなさん本当に本当にありがとう。  私はやっぱりどんな記憶も消したくないな。


3/20 (日) 春

自由が丘に散策に向かう為に友人宅の家の玄関から外に出ると早咲きの桜が満開。
その桜の間をうぐいすが飛び交っていた。(梅じゃないけど良いんだ、、、。)
自由が丘では友人とスイーツフォレストでオススメのスフレを楽しみ会話が弾む。
今日は今年小学校に入学する友人の子供の勉強机を探す為に来たが、
可愛いものやおしゃれなもの、また機能的なものなどイロイロで、私達の時代とは大違い。
結局今日机は買わずに偵察だけで終了したけれど、春に向けての準備を体感している気がした。
街の街頭がともる時間までウロウロし、渋谷でタワレコ経由HMV。そして新宿へ。
今回は何故か新宿ばかりに縁があるが、オッパの作る韓国料理を食しながらまた楽しい夜となった。
春めいた夜風に少し千鳥足で歩く新宿。みんなの表情も春していたように感じられた。




3/19 (土) 血が踊る日
昨日からの流れで新宿をうろつきながら、待ち合わせの時間まであと1時間半。
映画を見るには短いし、ショッピングという気分でもない。と、思っていたら、
都内の献血センターで一番設備や施設が良いのが新宿紀伊国屋の横だという知人の言葉を思い出した。
思い立ったら即行動で、すぐに献血センターに直行。入り口正面に大きくイベント開催の張り紙を発見。
ここでは曜日ごとにカラーコーディネート、タロット占い、おまけに毛髪チェックまでやってくれるらしい。
おまけに献血後にいただくジュースの他にハーゲンダッツのアイスやドーナツ、雑誌の数も半端じゃない。
私の行きつけの献血センターとは雲泥の差。さすが噂通りと感心し、200ccの献血後待ち合わせに向かった。
ここでも久しぶりにブリティッシュ感漂う友人と再会し、楽しいひとときを過ごすが、
彼は英国からの帰国子女で献血が出来ないとの事。確かにそんな紙も貼ってあった。
夕方からはカンテ・パルマの会のライブを堪能し、ちょっとスパニッシュ気分で新宿にまた戻り
最後はものまねタレントさんのライブを堪能、そして勉強になった。今日も一日の様々に感謝。

3/18 (金) 巻きで
米国大使館に近づくと物々しい機動隊の姿に少し退き気味の私。厳重なセキュリティーチェックを経て、館内に。
こんなにもたくさんの日本人がアメリカに住む事になるのかと思う位の人の数で手続きが遅々と進まず疲労。
ようやく大使館を後にし次は汐留へ。日テレ玄関前の人ごみを抜け、ビルの谷間の小さな海を見ながら打ち合わせをし
次は赤坂へと向かう。なんだかビジネスマンのようだと思いながら若干巻き気味で移動し続け、最後は新宿。
カメラ屋さんが多く集まる西口にて2人の友人と次々と会い、いろんな話をした。
気付くとこの2人の友人はともに同い年、そしてその道では一流のプロ。
私もこの2人に触発されるように、ぜんまいを巻き巻きしなおす。
今日一日いろんな人に会って疲労感と充実感の混じる中、ラストオーダーの揚げそばもつられて巻き巻き。

3/17 (木) One more time One more chance
横浜に来るといつも思い出す曲がある、それも桜木町に来ると頭の中をリピートして離れない曲。
こんな所にいるはずもないのに探してしまうという歌詞と同じに、
私も「もしも奇跡が起きて出逢えたら」の時の為に背筋を伸ばしてしまうのが桜木町。
何故だかずっとそうだった。
そして今夜はその桜木町でたくさんの時間の流れを巻き戻して想い出をテーブルの上に並べた。
でも過ぎた時間は戻らないように、それは手に取れなくて、せつなくて、、、。
でもそのせつなさがまた愛おしくて。。。
振り返ると、はたちの私はこの街の中で暮らし、次へのステップを決めた
そしてまた年月を経て今回次へのステップへと足を進めるきっかけの地となった横浜。
今夜ふんわり漂う潮の香に背中を押されて、また大切な何かを心の中に増やす事が出来た気がしている。

3/16 (水) 優しい時間
久しぶりに会っても、その久しぶりさをちっとも感じさせない人がいる。
今日はたぶん2年ぶりに以前同じ番組を曜日違いで担当していた関谷真美さんに会った。
思い切り約束の時間に遅れた私を真美さんは笑顔のくちばしマスクで迎えてくれて、
第一声が「花粉が、」だったような、、、。
そしていつも変わらぬ癒しの声で富良野の事をはじめとしたいろんな話をしてくれる中、
お互い引っ越し魔だという事も判明。それになんだか考えている事が同じだったりして、
可笑しくそして嬉しく、また元気になった。
こうして春めいたカフェでいろんな話をしながら、私はじんわりと魂が安らぐってこういう事かなって思った。
富良野と言えば今はドラマ「優しい時間」。でも今日は名古屋で優しい時間が流れていた。
誰かにこんな気持ちをプレゼント出来るのってやっぱりまみろんは素敵なわけで、永遠の姉さんなわけで、(北の国風に)
この2日間、まさにBrightlyな人達と再会しBrightlyな時間を過ごせて、
「優しい時間」って本当は誰の中にもあるモノの様な気がしている。

3/15 (火) エリザベート
昨日、今日と、二日続けてモーニングコールFrom矢野ありさま。贅沢。
心地よく目覚めた後は身支度も早々に宝塚へ向かって出発。今日は待ちに待ったありさんと宝塚デート当日。
慣れない関西の路線図を眺めながら、事前に調べておいた時刻表との連動作業で無事宝塚に到着し合流。
今日はありママ(お母様)にも再会し、私の未来のダーリンである矢野あり嬢のご子息とも一方通行気味に愛を育んだ。
そして今日の宝塚歌劇団は月組公演「エリザベート」。
今回ありさんがど真ん中の前から4列目というとてつもない良い席のチケットを取ってくれた事もあり、
間近に見るトート役の視線にドキドキしながら、とにかくあまりの素敵さに始終心ときめかせていた。まさに恋。
加えて以前宝塚に来て心ときめいた「アイーダ」がすぐ目の前に座っていた事も更に感激。
帰りにはありさんの口ずさむ浪花のモーツアルト作曲「プロポーズ大作戦」のテーマ曲を聞きながら、
二人で梅田を少し歩き、またねと別れた。楽しい一日はあっと言う間。
いつ会ってもHappyとSmileをいっぱいプレゼントしてくれる彼女は私の浪花のモーツアルトならぬ浪花のエリザベート。

3/2 (水) 治った

実はこのところずっと風邪をひいていて大変だった。
昨日もまだ本当はちょっとだるくて、友達とご飯も食べずに早々に帰宅し寝た。そして起きたらお昼をまわっていた。
寝過ぎのだるさはあるけれど寝起きはかなり快調。まだ鼻声だけどもう食欲も普通にあり、気力も十分。
でもぶり返すと駄目なのでビタミン剤もちゃんと飲んで気合いの入れ直し!
今日は桜の開花予想も出され、どんどん春に近づく感がUPする。が、今年私は桜を観る事が出来るのかな。。。?
しかし風邪も治ったようだし、そろそろカメラを持って私なりの春を見つけに街に出るのもいいかもしれない。


3/1 (火) 記憶
今週末から公開の映画「シャーク・テイル」の試写会に招待していただき、久しぶりに愛知勤労会館に。
鶴舞に行く事は何度もあっても鶴舞公園に入るのは久しぶり。そして勤労会館に関していえば高校生以来。
会場の重い扉を開いた瞬間にその高校生の頃の記憶がパッと蘇った。
あの時は何故か友達がチケットをくれてこの会場で「とんねるず」のコンサートを観た。
そして私の隣の席に座った友達もやはり高校生の頃一緒に遊んだ友達。
高校生時代の懐かしい仲間達の話をしながら開演を待ち、見終わると甥っ子も喜びそうな映画だとかという感想。
映画の始めと終わりでは全く違う時代を飛び越えた内容の会話になっているけれど、友達の間柄は変わらない。
シャーク・テイルを自分の子供と一緒に観るのが同世代なのかもしれないが、私達は永遠高校生気分なのかもしれない。