April  2004

4/30(金) 不思議な空間 

某大手電化ショップに行った。いつもは行かないフロアにふと行ってみた。
そこには老いも若きもが世俗の疲れを一身に背負ってしまったかのように
ずらり並んだマッサージチェアにだらりと横たわる・人・

君たちはそんなに疲れているのか!?
GWが始まって、NEWSでは「乗客率何%だ」「高・遠・長」と
いかにもなお知らせが耳に入ってくるが、電気屋さんのマッサージチェアは
乗客率も100%。おまけに空席待ちもいる。「安・近・短」も甚だしい。
そして私は本日の閉めとして映画館に一人で行った。そして一人で映画を観た。
劇場内スクリーンの前に座るのは私だけ。 まるで私だけのための上映。
この「安・近・短」は空席だらけ。GWの狭間にはいろいろ不思議な空間が存在していた。


4/29(木) 嬉しい事 

大好きなインディーズバンドが今年6月にメジャーデビューする
という知らせを聞いた。久々に何ともうれしいお知らせだ!
ちょっとちょっとー、やぁ〜嬉しいわぁ〜。どーしよー!嬉しいわぁ〜
なんだかよく分からない状態の佐伯になりながら、とにかく嬉しい。
私は彼らの何でもないただの1ファンだけど、勝手に弟のように思い
ここ数年過ごしてきた。そうあれから何年たったのだろう・・・
そんな風に遠くを見てしまうような瞬間がありながらも、
ほんとーーーーーーぉに嬉しい。やったね!


4/28(水) その気はない 

先月出会ったシゲちゃんに指輪を作ってもらった。
本当だったら私が自分で作る話だったのに、いつの間にか全部やってもらった。
そのシゲちゃんの家の近くには電車が走っていて、夕暮れ時はとても絵になる風景。
ということで迷わずカメラを片手に線路に寝転んだ。
一緒にいたシゲちゃんの話だと、そんな私を見て犬を散歩させているおばさんが
一瞬「あっ!」と、驚いていたらしい。(大丈夫。その気はない)


4/25(日) 同い年 

最近同い年の方とお仕事をする機会が多い。今日もその一人、橋下弁護士とのトークショー。
法律の話、TVの話、プライベートなどとお話を伺っていると
歴史年表を同じ基軸で歩んできたと共感する時や、自分が遊びすぎた事を実感する時、
様々な刺激を受けて私自身も充実のひと時となった。
それにしても4人のお子さんがいるとはとても思えない橋下さん。素敵でした。
同じ学校にいたら同じクラスになりたい男子に入るだろう。でも私はそう思いながらも
きっと山咲トオルさんやKABA.ちゃんとツルむタイプ。。。だろう。。。


4/24(土) 車中発見伝 

今日洗車した。ただ今車はピカピカに光っている。気持ちがいい。
そして車内のいらない物も整理した。しかし、CDだけは無駄に積んだ。
こうして掃除をしていると思わぬ物を発見したりする。
それは思い出の断片だったり、1円玉だったり、ピンキー1粒だったり。
長靴をはいたまま、その一つひとつに時間を取られて駐車場をウロウロ。
意外に楽しい洗車となった。
ついでにこの勢いで部屋の掃除も!と思ったが、
今日の思わぬ発見はこの位で十分と思い直し、やめた。


4/23(金) 仕方ない二人 

深夜の電話。それは落語家さんのお友達からだった。
「一人旅」について話していた時、それは2泊3日とかいう話ではなく、
基本は3ヶ月。見知らぬ土地で3ヶ月働いたり働かなかったりして過ごし、
あきたら、また違う土地に旅立つ。これが一人旅の基本で話が進んで行く。
途中で私も常識という言葉を思い出し、突っ込みを入れたが、
やはり彼の基本は揺るがず、ついつい私も常識外へ。。。
私と彼は人を尊敬する時、「いかに焚き火が上手に出来るか!」
というのがかなりのウェイトを占めている。
こんな二人が話す会話はしだいに訳のわからない言語を多用し、
とても三十路を超えた人間同士の会話ではない。。。まっ仕方ないか。


4/14(水) 想い出と出会い 

夕方まで雨が降り続く場所にいた。寒い。寒い。カイロ〜!
しかしそこに向かう途中、私は20の頃つきあっていた彼の実家の前を通った。
風のたよりでは、彼は別の場所にいて居ないそうだが、なぜだかやっぱりドキドキ。
みんなもこんな風に感じるのだろうか?それともあっさり忘れる?
その彼の家の前を過ぎて目的地までの道々には雨にぬれながらもしっかり春の彩り。
昨日更新したColumnページにも春の事を書いたものがいくつかあるが、
実は20の頃つきあっていた彼を思い出して書いたものもある。(恥ずかしい)
そして今日はまた新しい出会いがたくさんあった。
またこの出会いで恋愛のみならず、たくさんの言葉が私の中から出てくればいいな。


4/13(火) 我が家 

私の家には家族の他に親戚や、実家がやっているお店の従業員、
そしてお店のお客さんなど様々なメンバーが普段から入り乱れている。
今日はそのメンバーそろっての小旅行。
私はその旅行には参加しなかったが、宴会芸の立案・小道具の用意や仕込みで参加。
旅立つ皆々を見送りながら、我が家主催の「おとぼけ劇団」の成功を願う。
写真は「子連れ狼」の大五郎役に死ぬ気で取り組んだ結果。
ここまで実際にやってしまうところがすごい。尊敬する。
みんなが帰宅し土産話を聞くと、どうやらうまくいったようで安心、安堵。
「参加すれば良かったのに〜」との声がかかったが、
参加すれば必ず何かやらなければいけないハメとなる。
私はここまで捨て身になれない。我が家はやはり普通ではない。

4/10(土) 飲み会にて 

仕事終わりに友達と落ち合い飲みに出かけた。
お酒が入って語るお互いの恋愛話、他の友達の話や近況と、尽きる事はない。
しかし男友達ばかりの飲み会に私が混ざった事で、私は紅一点「華」になっても
良さそうなのに、いつものごとく女と扱われない。
男性陣と同じラインで連絡網が回ってくる。まぁ楽しいから大歓迎なのだが。
そしてたまに「おまえに紹介したい人がいる」と言われても、それは女性。
私の恋愛対象候補という紹介ではなく、自分たちの恋愛対象候補だ。
こうなりゃみんなで幸せになってくれー!
そして今夜もやっぱり午前様。抜き足差し足、帰宅しましたとさ。

4/9(金) 重い 

一日の終わりにゆっくりとお風呂に入り、ベッドで本を読む。幸せ。
最近就寝前に読んでいるのは図書館で借りた司馬遼太郎の「明治という国家」
ハードカバーは自分であまり買わないけれど、図書館だから ハードカバー主流で。
そして昨夜も西郷隆盛や大久保利通の世界に浸りながらベッドでウトウト。
明けて今朝、爽快な気分で起きるはずが、なぜか重い。
私は本を読んでいる姿勢そのまま。しっかり手に本を持ったまま、
それも開いたままの姿勢で寝ていたらしい。
この状態からいって寝返りもしなかったようだ。
実はこういう事はこれが初めてではない。以前は単行本だった。
私はこうして睡眠学習ならぬ睡眠筋トレで腕を鍛えているらしい。次は百科事典か!

4/7(水) 落とし物 

昼前で仕事が終わり午後からはフリー。天気予報は夕方から雨。
雨が桜を葉桜に変える前にと、カメラを手にひとりウロツク。
デジカメと一眼レフを手にして思いつくままに写真を撮り、ひなたぼっこ。
そろそろ帰ろうと車に戻ると、鍵がない。車の鍵がない。鍵が〜〜〜ぁ。ない。
どこで落としたのか、芝生、草むら、歩道、ベンチ。自分のたどった道を3往復。
見つからない。携帯電話も車の中。お金もない。仕方がない、誰かに借りよう。
そして駐車場で寝ているおじさんを低姿勢で起こして電話を借りた。
弟を呼び出し、スペアキーを持ってきてもらった。しかし、違う車の鍵。
鍵を落とした私が悪いのに弟にやつあたり。ごめん。
でも結局私が落とした鍵を弟が芝生の上で見つけてくれて一件落着。ありがとう。
弟に今度からはウエストポーチをするように勧められたが、それはちょっと、、、。


4/5(月) 春の日に 

とうとう購入してしまったNEWカメラ。
ポラロイドはチェキが全盛だが、私はあえてアンティークのSXー70 を。
このカメラは映画「LOVE LETTER」で中山美穂ちゃんが使っていたのと同じモノ。
まだ届いたばかりでフィルムがないため撮影はおあずけだが、
私もこのカメラでドラマチックな出来事を呼び込むのでは・・・と、
期待は膨らむ一方だが、哀しいのは嫌だ。
春の日に私はそんな事を想いながら、朝5時に起きて仕事に出かけた。
しかし早く着きすぎる事が途中でわかり、いつものくせで寄り道し、
春をデジカメと一眼レフで摘みとってみた。
その写真は明日出来上がるのでPhotoページの更新も間近。
そろそろ眠気が襲ってきたこの時間、私もLOVE LETTERのように「お元気ですかぁ〜」と、大声で叫んでみたい人がたくさんいる事に気づき、それもまた幸せな事だと感じた。