October2004

10/30(土)   アーティスティックに

久しぶりにTチヤAちゃんと美術館で待ち合わせをした。
先に到着した私は彼女を待つ間、無料公開されている彫刻の間をゆっくりと周回し堪能。
ついでにハイビジョンシアターやパソコンでロシア美術館も堪能。そして彼女が現れた。
二人で目的の催し物を堪能し、しばしティータイム。ここ何ヶ月かの溝をあっと言う間に埋めた。
ホントいつ会っても不思議な彼女だが、今日は美術館の雰囲気に染まって少し大人っぽく良い女してた。
一方私は美術館に触発されてとってもアーティスティックにクリエイティブな気分になったが、
食欲の秋という事で夕飯に餃子と春巻きをクリエイト。美味だった。


10/29(金)   M

朝からいっぱいの太陽と風を部屋の中に呼び入れて、深呼吸。ひんやり空気が冷たい。
このせつない季節によく思い出すプリプリの「M」を朝から口ずさみながら車に乗り込んだ。
季節はまた変わるのに〜♪の歌詞のよに、車内に昨日とは違う冬の香りを感じ季節の変わった事を知る。
そして私の心は立ち止まっているのか?進んでいるのか?、、、これはわからない。
ただ確かに私にも消せないアドレスがある。
こうして朝からなんだかアンニュイな雰囲気に包まれていながらも
ただただ忙しく、確実に移動を繰り返して一日が終わっていった。
もう10月もエンディング。もうすぐ神様が戻ってくる。神様の居ない間の出来事は内密にしておこう。。。


10/28(木)   冬に向け

写真展を見つけて見入った。
そういえば最近写真を撮りに出掛けていない。
ますます寒くなるこれからの季節、寒さがとことん苦手な私は身体も気持ちも「でぶしょう」になる。
やばいのです。特にこの頃やばいのです。ご飯が美味しくて仕方がない。まさに食欲の秋。
そして夜の寒さが身にしみる昨今、今日から炬燵も出してしまった。
炬燵亀は部屋の中を散乱させながら巨大化して行くのである。


10/27(水)   嘘

人は何の為に嘘をつくと思いますか?
そう問いかけられたら何と答えますか。
最近私がついた嘘は自分と誰かを守り、みんなを余計な事で傷つけないためだった。
その嘘はつかざるおえないもの。私はそう判断した。
でも嘘は辛い。出来るなら嘘はつきたくない。いつも正直でいたい。
でも時として嘘をつけない事が誰かを傷つけたり困らせたりする。嘘も方便。。。
う〜ん、なかなか難しい。
今日は12月公開予定の「約三十の嘘」という映画の試写会に出掛け、いろんな事を考えた。


10/21(木)   THE 楽写(がくしゃ)

私の大好きな噺家さんがこぞって名古屋入りした夜。私もその笑いのうずの中にいた。
次々と現れ語るその無限さに、座布団が「どこでもドア」に思えた。
終了後、林家彦いちさんの本を購入。それが「楽写」。
この本は芸人さんの楽屋風景などを写した写真が多く掲載されていて、楽屋の写真で「楽写」。
私は以前憧れの高田文夫さんの写真を彼のライブラリーの中に発見し、それを拝み倒していただき持ち歩いていた。
もちろんその高田先生の写真も別のものだが掲載されていた。すばらしい!
そしてこの日は私も彦いち先生を楽写しつつ、白鳥さんや喬太郎さんといったスペシャルな方々の威力を知った。
なんだかすごく曖昧に書いているが、楽しい夜だった。
楽写とかけまして ドラゴンズとときます そのこころは!かってね(買って&勝って)


10/17(日)   カキーン

写真ではわかり辛いのですが、左手の薬指に豆というか水ぶくれができました。
本当は昨日から予定していた本日のバッティングセンター行きの模様を掲載する予定が、
ついつい夢中になってしまって、写真等撮っている場合では無かったのです。ホント忘れてました。
で、結果、絆創膏を貼ってまでカキーン・カキーン、カン、ドス、あれっ?と打ちまくり気分爽快。
夜は焼き肉をたらふく食しTVで日本シリーズを観戦。
カキーン!3ランの立浪選手。カキーン!次いで谷繁選手。
快音響かせ飛んで行く白球を「わかるわかるこの感覚」と今日は大きくうなづき観戦出来た。
もちろん空振り選手の気持ちも十分に体感し尽くした今日。なんだかぐっすり眠れそう。


10/16(土)   その瞬間

朝からまったりとした陽射しを浴びて本を読む。のんびり贅沢な休日の始まり。
選んだ本は「ラストシネマ」。この本は書評を読んで「あっあの本と似てるかも?」と思ったから。
もう何年も前に偶然手にとった「ワンダフルライフ」という本。
それは映画化にあたっての単行本化だったけれど、それから公開されたその映画を劇場で観のがした私は、
思い出すたびにレンタルショップで探し、結局見つける事が出来ないでいた作品。
今になってみればこの「ワンダフルライフ」は話題の是枝監督作品。早速レンタルショップに出掛けた。
この作品は自分で棚の中から必然的のように見つけ出し借りたい作品。じっくりさがそう。
そして騒然とデコレイトされたレンタルショップの中で
ふんわりと棚の一角にそれは姿を現し、現在私の部屋にある。
とうとう見つけた!という気持ちと共に万全の体制でビデオ鑑賞。
あの時本を読んで感じた衝撃は随分記憶の中で増幅されていたけれど、
また別の感覚で私や家族のワンダフルライフに思いを馳せた。しかしまだ私はその瞬間が選べない。


10/12(火)   記録及ばす

先月台風で延期となった恒例のボウリング大会がやってきた。
会場に到着すると真っ先に目に入ったのがイチローボウル。願掛け宜しくとりあえず記念撮影。
前回の順位が40人中8位の私は、それがまぐれと言われないように頑張るのみ。
レーンに入ると、イチローの記録「262」を狙いながら1投1投狙いをすます。
しかし途中で気がついた。私は只今爪を伸ばしている最中なのだ。折りたくない。切りたくない。
そんな邪心が集中力をみだし、ジャイアンツファンかの如くGマーク&丸で囲まれた数字。。。。
そして案の定爪も折れ、ボウリング球と共にピンに向かい
飛んでいった。My nail was flying away!
こうして投げやりと負けん気に爪が折れてからの終盤追い上げをプラスし、結果は20位。
2ゲームで249(ハンデ込み)と記録に及ばす。
痛みと悔しさ残るボウリング大会。次回はがんばんべ。


10/10(日)   津まつり2

わずかな睡眠時間を経て朝が来た。太陽が顔を出し、今日の祭りの賑わいを既に笑顔で教えてくれている。
今年から新設された津中央郵便局前の会場が私の担当で、ここは実行委員の学生のみでの運営。
よって平均年齢をあげてるな、との自覚はありながらも「老いも若きも祭り祭りだ!」全く問題なし。
司会の合間に「津に来て、津を見て、津に惚れて〜♪」と口ずさみながら、踊りを小さくまねて習得しようと試みる。
しかし小さくやっていてはいつまでも覚えられるわけもなく、踊り子賑わうフェニックス通りも夕焼けに染まっていった。
そして「総踊り」。もうこのチャンスしかない!と飛び込んだ。司会なのに。。。
もちろん巧く踊れないが、大きな声で導いてくれる周りの方々のあやつり人形のごとく見よう見まねで動き踊る私。
やっぱり「踊るアホウ」が好きだ!参加出来るものならどんどん参加すべし!これ教訓。
曲が終わると同時に当たり前の顔をしてマイクを握り、何食わぬ顔で司会者に戻る。メリハリ大事!
屋台の明かりが煌々とともる中、野望も仕事も果たし終えて帰路に付いた。まだ耳の中には「津に惚れて〜」がリフレイン。
津にはいろんな素敵な想い出があるけれど、また今回も来年に繋がるような楽しい思いが出来た。津に惚れた?

10/9(土)   津まつり1

夕方雨風が収まってから津に向かった。久しぶりでワクワクするが、台風の影響が心配。
無事に現地入りすると、徐々に迫り来る音量と共にテンションも上がる。
安濃津よさこいをこんなに身近で体感するのは初めてで、
色とりどりの衣装にクラクラしながらよさこいの魅力にもクラクラ。
「つ」と書かれた白抜き文字が夜空に浮かぶ様を見上げて「明日は踊れる?」と野望を抱く。
そんな野望を秘めながら、久しぶりに会った人達といつもの場所で宴を開く。
毎回なんだかわけがわからないまま時間が過ぎていくその宴は、終わるといつも物悲しい。
でもそれはきっとI miss them. 大好きだから。。。
しかしそんな感傷よりも明日の祭り祭り。これまた久しぶりの寝袋に潜り込みしっかり明日に備える私。


10/5(火)   私の島々

毎日鏡の中に見る自分の顔。なんの変化もなくいつも同じ顔。
しかし小学生でも高校生でも20歳でもないその顔は、確実に大人の顔。
気づかない位の変化が毎日おきている。そして35。
昔「29歳のクリスマス」というドラマを29歳前の私が観ていた。そして「私もあぁ思うのかな?」と思っていた。そして今その29歳もとうにやり過ごした私は、未だにCATVのカートゥーンネットワークにチャンネルをあわせてしまう。こんなのなんだか違う。20代の頃見上げた35は完璧に大人だった。
こんな事を思いながら、雨の降る午後に一人で「島の名前」という本を広げていた。

空と海の青さに包まれた島々とその名前の由来を見ているとやっぱりそこへ行ってみたくなる。
30歳を境に放浪癖も治る人とそうでない人がいるらしいが、私のは治らないらしい。
そこへ行けば何かが見つかりそうで、そこに行けば変われそうで、、そんな風に思いながら旅をする。
あと何年人生も旅するかわからないけれど、地球に浮かぶ島のひとつひとつに意味ある名前があるように、
私もたくさん心に島を浮かべていきたい。もちろん澄んだ青空と輝く海の心の中に。

                             たくさんのHappy Birthdayありがとう。


10/4(月)   新たなる道に

昔住んでいた家に人が引っ越してくるというので大掃除がはじまった。
ここ何年か完全倉庫と化しているその家の裏に駐車したままだった愛車を久しぶりに発見、洗車。
ほこりの下から「世田谷」と印の入った盗難防止のシールが出て来て、
4段変速をフル活用して駆け巡った246、世田谷通り、淡島通り、茶沢道り、道玄坂。
下北沢から渋谷までライブハウスや映画館には必ずこの愛車のチャリが大活躍していた。
あの頃からまだそんなに時間が経っていないはずなのに、自転車から車に移動手段が変化して
今まであったいろんな事の内容もスピードも、自転車の頃に比べると大雑把な気がしてきた。
しかし、3年間乗らなかった自転車の鍵のありかが一発で見つけられたのはかなり感動だった。
こんな風に日常でも人生でも「探し物」や「鍵」がすんなり見つかればかなり気持ちいいんだけど。。。


10/3(日)   まつり

雨がそぼ降る岐阜の街では「第48回信長まつり」が開催された。
私は交差点の一角で武者行列のアナウンスをさせてもらい、特等席の眺め。役得だわぁ。
信長・濃姫・道三・勝家・お市の方に森蘭丸と続々と現れる時代絵巻にみとれる事しばし、
火縄銃の実演も行われ、あまりの音の大きさにひたすら驚き、怖かった。
祭りがおわる頃雨もやみ、仕事終了。人ごみでにぎわう街中で久しぶりに待ち合わせをして
映画を観に行き、その後食事・・・。夜空にはもうすっかり星が出て翌日の晴天を知らせていた。
日にちは違えどその昔、臨月を迎えた母が信長まつりを見ていて産気づき、そして私が真っ昼間に産まれた。
普通は月の満ち欠けで出産の時を迎えるらしいが、、、。母が変なのか私が変なのか。。。
とにかくいろんな意味で幸せな日曜・充実した日曜となった。四捨五入禁止ageまであと2日。

10/1(金)   神無月の瞬間

今朝は野球中継を観る事から始まった。もちろんイチロー選手の記録達成の瞬間を観る為に。
記録まであと1本となった9回表2アウト。バッターボックスに立つイチロー選手のかまえたバッドが、すくっと空に向かいピッチャーからの一球を待つ。あ〜ぁ残念。結局記念すべき瞬間は明日に見送りとなった。明日も観よう。
昨日から続く晴天に部屋のカーテンを全て洗濯し、ふんわり柔軟剤の香りと秋のさわやかな陽射しがただよう部屋となった。心地よい。こんな日がずっと続けばいいのになぁ。
夜には中日の優勝の瞬間を観ようと部屋でナイター観戦。
結果、「その瞬間!」といった感じではなかったが、とにかく優勝おめでとうなのだった。
今日から10月。神無月。あっという間に過ぎてく時間にとまどいながら、私は神様のいない間に何しよう...。