June  2003


6月30日(月) 北の国から

先日オークションで手に入れた望遠レンズがとうとうやってきた。
たくさんのチラシに守られて我が家に現れたレンズを早速カメラに装着し
ワクワク期待いっぱい 覗いてみると、違う!やっぱり近い!

いい気になって覗いていると、ふとレンズが入っていた箱の中に目がとまる。
Zoom Up! そこには「冷やしおでん」の文字が!何?冷やしおでんって!何?
そして次々とチラシをあさる私。レンズの送り主は北海道在住というから
もちろんスーパーのチラシにも札幌店・釧路店などの文字が並んでいる。
さぞかしジャガイモなども安いかと思えば“長崎産 ばれいしょ1.2Kg \290”
“埼玉産 とうきび1本\100”なんでだ〜! こうして探求心をそそられて、
くしゃくしゃなチラシをルールルルと広げていくと、また発見。
そこには北海道とは関係ないが“高級バイオリン全長60cm(教本付き)\3,980-”
“折りたたみ高級キックボード \598-”の文字。これはデフレなのか怪しいのか、
「高級」という言葉がなんだか虚しく思えてくるわけで、、、
私はこの時、引っ越ししたばかりの幼き純の気持ちがちょっと理解出来た気がした。
こうして北の国から届いたレンズは、遠く離れた北海道の不思議な一面までも
身近に感じさせるスゴイ奴だった。そしてやっぱり北海道はでっかいどーだと、
思っていると、突然デジカメが壊れた。ひょっとして新しいレンズにヤキモチ?


6月29日(日) 本日も出動。

梅雨の中休み、朝起きたら空が青い事に驚いた。
こんな日は地球の青さを体感しに出掛けなきゃ、という事で、いそいそ出動。
隊長の指令に従って進み、どうやら目的地に到着。
そこには木々が生い茂る森の中をボードを抱えて進む人達が!これは怪しい。
私はそれを不思議の国のアリス気分でついつい尾行。
すると前方に、木々の隙間がぽっかりと口を開け、まばゆいばかりの光が!
その隙間から見える光の中には、青く澄んだ空と海が一面に広がっていた。
まるで世界中の波を求めて旅するサーファーのビデオ「ENDLESS SUMMER」のよう。
かなりの感動で頭の中が空っぽになっていくのがわかった。尾行もこうなったら関係ない。
そんな空っぽの状態でしばらく海を眺めながら風に吹かれていたら、
潮騒が子守歌に聞こえてきて、爆睡。。。。
そして、きまぐれな西風に揺り起こされて時計を見るとすでに1時間が経過していた。
その頃、ボードを抱えていた人達は満足感を抱えて現実の世界に戻って来はじめていた。
こうして本日の任務は、
心地よい風に吹かれながら夢見心地で無事完了。
やっぱり地球は青かった。良かった良かった。


6月28日(土) 私のLoad of the ring 指輪物語。

 

 最近友達と連れだって1Day Lessonにいそいそと出掛ける私。
 本日の課目は「彫金」。自分で指輪をつくるあれ。
 友達の指は細く、ピンキー(小指)で5号。私は右の親指用で17号!
 なんと3倍以上のひらき。
 ただの銀の固まりを溶かし、細長くしていく様も二人の作るモノはかなりの差。
 力一杯太い銀のかたまりをゴンゴン叩く私に対し、友達はコンコンと軽やかな響き。
 そういえば昔、ティファニーに行って指輪を買おう!なんてバブルな時代。
 「この指輪はそのサイズにするとデザインが変わってしまうので出来ません」と、
 ティファニーの店員さんに言われて女心が傷ついたが、笑ってごまかした記憶が蘇る。
 そんな想い出を払拭するように、叩いたり伸ばしたり削ったり…
 今日一日では完成は無理だったけれど、次回には完成予定。
 あの店員さんも驚く程ステキな指輪を作ってやる〜!


6月27日(金) 番長〜!

 久しぶりの名古屋ドーム。中日VS巨人
 実は小・中学生の頃は月刊ジャイアンツを買っていたほどの巨人ファンだった。
 っていうか、今もこっそり
ベンチの中からなかなか出てこない篠塚コーチのファン。
 あの流し打ちと華麗な守備が大好きで、私もソフトボール部でセカンドを守っていた。
 しかし、すっかり今は巨人ファンではなくなってしまった私…。
 そんな私に今日は番長から喝を入れてもらうはずだったのに…
 どうやら番長もドアラのバック転に恐れ入ってしまったのか不調、、、
 対する中日は、地元の応援に勢い付いて、同点・逆転・だめ押しと、私の目を釘付けに!
 でも、未だに私が口ずさむのは♪1番は田尾が塁に出て、二番平野が送りバント、3番モッカ…
 やばすぎる。こんなんではsenchanにシメられてしまう。。。
 いやいや、歌はそうでも、本当はちゃ〜んと(?)知っていて、立浪と谷繁が好きだったりする。
 あと7本で立浪が2000本安打達成!がんばれドラゴンズ!!
 でも何故だか番長には頑張って欲しい…。そんな気がする今日この頃。
 ちなみに両親は中日ファン。弟は阪神ファン。私は…とにかく楽しければそれでいいのだ!


6月26日(木) 怖いモノ

 

 朝の目覚まし時計の音を無視して起きたらビックリ。
 二度寝にも程がある。睡魔の誘惑は怖い。
 あせりながらも寝起きの顔は自分ながら怖い。 化けねば。
 着替えをしながら違和感が…。体重計を遠目に見ながら
 そこへ足をのせる事は怖い。のせるもんか!
 起きてから30分もしないうちに私を襲う怖いモノの数々。
 一体どんな一日になるのやら…
 しかし今日も一日の怖いモノとの闘いをくぐり抜け
 明日の闘いに向けて安らかに眠りにつく。I am winner!
 が、よく考えると全て自分に甘いだけの私。I am loser?

6月24日(火)  狙った獲物は逃さない

 先日海に行った際、遠くのサーファーやウィンドサーファーを少しでも大きく
 写真に収めようと、波との格闘シーンを繰り広げた私は、
 今までより少し大きめの望遠レンズを手に入れる事を決心。
 そして本日Yahooオークションにて見事欲しかったレンズを落札!
 それも即落札で格安の上に美品。
 その商品を出品された方からのメールも丁寧で感激。
 そう!写真もオークションも狙った獲物は逃さない!これ大事。
 しかし、2つともセンスと運に左右される事しばし。
 たしか中学の頃、美術の成績は良かったはず、、、
 私の絵が下手なのは運が無いせい?(な、わけない…。←タモさん風で)
 でもとにかくこの新兵器の投入で、こ〜んな写真が撮れるといいなぁ〜


6月23日(月)  The 明治村

 高校の遠足で訪れた場所へ久しぶりに足を運んでみた。大人になった私にはその場所がどう映るのか?
 薄曇りで今にも泣き出しそうな空の下、そこで私を最初に迎えてくれたのはSLの汽笛。う〜んTime Passage!
 しかし高校生だった私が見た景色は、記憶の中でもうぼんやりとかすんでいて、
 きっとあの頃の純粋な気持ちも…。だから反省も含めて明治時代の前橋監獄の雑居房に入ってみた。
 そして正座でしばし黙祷。 でも閉所恐怖症ぎみの私は5秒で Give Up。
 「ここから出して〜!」とあがき、すっかり反省はどこへやら。悪魔の声に誘われて、まんまと脱出。
 が、その時、私の耳にはかすかにささやく天使の声が!
 その声に誘われるように歩を進めると、そこには聖ザビエル天主堂。
 神様どうか中途半端にこざかしい大人になってしまった私をお許し下さい。あとフュギアを飾るのも…
 果たして懺悔の声は聞き入れられたのか?  電話してみたが話し中だった。。。


6月21日(土)  ご褒美

 梅雨の晴れ間が週末にやってくるなんて、なんだかこれってご褒美?
 洗濯日和の今日、お洗濯したいけど、でも出掛けたい。
 きっとそんな事を思っている人も多いんだろうな〜と、
 私もお洗濯よりも出掛ける事を選択。
 そして、街で私が見つけたものは、夏色の空と新しい魅惑のshop
 その結果、また我が家に新たなヒーローが!それは青いBODYのNo.2と緑のNo.5
 心の中でグフフっと、ほくそ笑みながらこれも今日の天気と同じ、私へのご褒美。
 でも私はご褒美をもらえるような事を何もしていない…
 このツケはめぐってくるのかしら?こわい…

6月20日(金)  う〜みぃ〜

天気図を眺めながらニヤニヤする人達について行ったらそこには海が広がっていた。
曇り空の中、風の方向を身体で確かめながらまたニヤニヤ
果てさてどんな事になるのやら、、、と眺めていたら
Sailを張って繰り出すウィンド・サーファーの群れ
遙か彼方からたどり着いた波達の、フィナーレに相伴させてもらうのだと、彼らは言う。
私も少しだけその気分が味わいたくて波に近づいてみたら、退き波にナンパされ
足元から難破するとこだった。
あ〜ぁ、 水着を持ってこなかった事を後悔。(まだ着れないけど)

6月19日(木)  三つ子の魂を知る

 
イメージ画
梅雨のほんの少しの隙間、午後から陽が差した。
それを逃さずお洗濯。夕方になって乾いた洗濯モノを取り込みアイロンがけ。
その時何気なくTVをつけたら、バカボンのパパがだだをこねていた。
こうなるとアイロンがけをしながらも耳だけはしっかり
“タリラリラ〜ンのこにゃにゃちわ”
実は今でも太陽が昇る方向を♪西から昇ったおひさまが〜…、の反対と記憶し
いちいち頭の中で歌わないとわからない。だからバカボンのパパ様さまなのである。
そしてこんな所で、自分の中の“三つ子の魂百まで”を知る。情けない。
今はその主題歌も変わってしまったけれど、パパは相変わらずGREAT!そのもの。
だから私も、これでいいのだ!

6月18日(水) 占いは… 

 今朝のTVで天秤座さんは12星座中“2位”のLucky dayとの事で、 
 まだ何も起こってないけど、それだけで朝から気分が良いから人間って単純。
 が、良いことはすぐにやってきた。そのTVで森山直太朗君の新曲が生演奏でOA。
 3月の桜前線と共にゲストでお迎えした直太朗君が「さくら」をスタジオの中、
 向かい合わせで生演奏してくれ、涙がとても優しくあたたかい事を感じた私。
 今度は梅雨前線と共に彼の新曲を聴き、またやられてしまった。
 
 お昼になって、以前から待望のお約束があり、イタリアンのランチをステキな方々と共に。
 古くからのお家を改築したそのお店は、時間の流れも緩やかにさせるのか、
 お昼のあわただしい時間を忘れさせ、交わす会話にも様々な話題が今日の雨のように
 優しく降り注いでいた。そしてそこには紫陽花のように笑顔の花が集まっていた。
 
 占いは良いことしか信じない私の今日は、やっぱり良い日だった。ありがとう。

6月17日(火)  うれしい瞬間


 ・朝目覚まし時計よりも先に目覚めてなんだか勝利者気分、嬉しかった。
 ・前回悪戦苦闘したコピー機が今日は素直に言うこときいてくれて得意気。
 ・給食にメロン。それもあま〜いメロン。北海道の大地が口の中に…
 ・昨日の努力が報われたのか、AirHの接続もアクセスポイントを間違えて
  いただけという事がわかり、 無料で対応してくれた。店員さんありがとう。
 ・Pinkyの中にハートを発見。ウキウキ気分倍増。
 ・晩ご飯を作ったら美味しいと言ってもらえた。ホッ。

 ベッドに入り幸せを感じながら眠る私。この幸せはあの人・この人のおかげ。
 今日も一日たくさんの嬉しい瞬間をありがとう。


6月16日(月)  がんばれ私

 HPをこうして作っているのに、実はPCにはめっきり弱い私。何をするにも四苦八苦。
 そんな私がまた新たな作業に挑戦の巻。
 外出してしまうと、なかなかHPの更新が出来ない事を克服しようと、
 AirHでの接続に踏切り、マニュアルを片手に画面とにらめっこ。
 PCショップの有料接続アシストを振り切ったからにはなんとか自分で!と格闘体勢。
 しかし、外は雨がシトシトと降り続き、寡黙に取り組むその作業が気分をLOWにさせた頃、
 ラジオからは一青窈の7/9 outのNew Singleが流れだし、コーヒーブレイク。
 しばらくすると急にワークシャイが聞きたくなり、またコーヒーブレイク。
 お腹がすいたので、ご飯を食べて、食後もブレイク。。。
 こうして“またかよ”っていう程のブレイクを経ながらも未だ完了できず…
 日付も変わるこの時間、度々よみがえる店員さんの「アシスト手数料は3千円弱」の声。
 きゃぁ〜誘惑に負けそう…

6月15日(日)  大切な人

 我が家に笑いの嵐が巻き起こった夜。
 そこには生中の飲みっぷりも男らしい、FM三重爆烈DJ矢野あり嬢の顔が!
 以前から約束していた佐伯家訪問の旅。遠路はるばるやって来てくれました!
 我が母も満面の笑み。我が弟は少し圧倒され気味。
 お店の外まで聞こえたという私たちの笑い声は、終電の時間に邪魔されて
 寿司時計カズノコ時(10時)過ぎには終了。
 帰って欲しくないという気持ちいっぱいで未練たらたら見送り、部屋に戻ると
 ドライフラワーになったあの花束が目に入った。
 大人になってからは大切な友達をなかなか得づらいと聞くけれど、
 私は三重という土地で大切な人達と出会う事が出来た。
 
 今日の日記と共に掲載する写真は、そんな私の大切なみんなの顔!と思っていたけれど、
 それはありさんの為にやめにした…。


6月14日(土) LIVE 浮気?それとも一途?編 

 名古屋でシカオちゃんが呼吸をしている、笑っている、歌っている!そう今日・明日はスガシカオLIVE
 しかし私が向かったのはELL。勝手に弟のように思ってしまっているインスーのツアー最終LIVEでは、
 私的には久しぶりのフラカンも登場。顔を真っ赤にして歌い続ける鈴木さんの姿を見ていると
 つまらない事が本当につまらなく思え、吹き飛んだ。
 そしてインスーLIVEは、私をとりこにしたMaxi Single「むし」「イタイイタイ」「夜の掛け布団」の
 3曲まるごとが聴けて、私はまた別世界へと身体ごと全部もってかれた。
 会場を巻き込み、それぞれの世界の中へと突き進むフラカン&インスー。
 その姿に自分をオーバーラップさせ、これでいいんだと自分を勇気づけ、きっといつかの未来も
 私は彼らのLIVEを感じたい人である事を確信。 
 心の中でシカオちゃんごめんとつぶやきなからも、ステキな夜がすごせた。ありがとう。


6月13日(金)  心のアルバム

 覚えている限りの自分の一番古い記憶。
 それは雨の日、幼稚園の教室で友達がもう違う事をしているのに、
 一人だけ取り残されたように一生懸命お絵かき帳に絵を描いている自分。
 
 こうして学校に通い始めてみると、ひとつのクラスにはいろんな子がいて
 とまどっている顔、自慢したくて仕方がない顔、興味津々顔、恥ずかしそうな顔、、、
 いつか今日の日の事が彼らの記憶の中によみがえる時がくるのかな…
 無邪気に笑うみんなの顔を見ながら、英語は友達を増やすひとつの手段
 ということを再認識。
 私は最近、新しく出来た元気いっぱいの友達のいろんな表情を
 心のアルバムに貼り付ける日々を過ごしている。
 

6月12日(木) 本日の予定

 学校からまっすぐ帰ってくるつもりだった。
 でもまた寄り道してしまった。
 本当は帰宅後に部屋を掃除するつもりだった。
 なのにCD聴きながらの資料作成は、夜をすぐに運んできてしまい、まっいっか。。。
 実はホームページのMusicページを何かしら作成するつもりだった。
 これも掃除が終わってからと思っていたから、出来るはずもなく…
 そして夕飯は面倒だからと、市販のそばつゆを使って簡単におそばを作るつもりだった。
 しかし、市販のそばつゆは、残りわずかをもって父親のもとへ。
 残された私は、結局いちから作るしかなかった。
 人生なかなか思うようにはいかない。
 でも今日の予定を明日には持ち越さない私。掃除はまたいつか!って事で。

6月11日(水) 油断が出来ない

 一人でいる時、私はどんな表情をして歩いているんだろう?
 普段あまり歩かない道を歩いていたら「あれっ?佐伯さん?
」という声が… 
 そう、私は佐伯さん。と、振り向いてみた。 
 そこには東海3県をまたにかけ、隙あらばダジャレを連発する先輩H.K.氏の顔が!
 あまりの偶然とSurpriseの嬉しさはもちろん、
 自転車で颯爽と去っていったH.K.氏の姿が新鮮だった。
 私は普段から街で知人から声をかけられる事はあっても、
 自分から誰かを見つける事がなかなか出来ない。なんでだろ…
 そして、どんな表情をしている私が見つけられるかわからない事を再認識。
 きっと今日はぼ〜っとしてたに違いない。
 一歩外に出たら7人の敵!? いつなん時も油断が出来ない…

6月10日(火) 

 いつもとは逆方向に進む電車に今日初めて乗った。
 いつもの私が見るホームの景色を逆側から眺めて見ると
 反対ホームに少し前の自分がいるような気がした。
 普段目に留めないようなホームにある路線マップ。「只今ここからここまで移動中」と、
 そのマップを眺めながら目的地へと思いを馳せてみた。
 たくさんの人が交差する駅。そこは無限の広がりを持つStart地点。
 過去と未来の狭間で一瞬私の時が止まってた。


6月9日(月) いろいろ

 友達とパーソナルカラー講座に体験入学。まだ肌寒い帰路に「色もいろいろね〜」、
 なんてダジャレを言いながら更に寒さを感じた夜。
 自分の部屋に入り洋服を片づけながら、「カラー講座は私達もう必要ないからー」と
 メールを
送り、巻き添えまで出して凍えた。
 
 一日の終わりに、なぜだか「僕はここにいる/山崎まさよし」が聴きたくなった。
 私のまさよし君Worldは一曲で終わるはずもなく、「明日の風」「passage」…と
 聴くうちにせつなくなってしまった。でも、やっぱりまさよし君には白いTシャツが
 似合うと一人納得したら、ちょっとだけ気分回復。

  

6月6日(金) 野望を抱きながら…

 天気予報を信頼して今日は車を洗った。
 自分で洗うか、スタンドで洗車か、迷いながらも足にはちゃ〜んと白い長靴。
 いつか車に乗ったまま、あの巨大ブラシがグルグル回転する洗車機に入ってみたい。
 そんな野望を抱きながら、ホースとスポンジを持って右往左往。
 最後は雨に降られたかの様に、びしょ濡れになってしまった私と愛車の2ショット?
 ピカピカに光る愛車を眺めるとなんだか嬉しい。
 次の雨は10日の火曜からだとか…。本当かな?  

6月4日(水) あらがえない誘惑          ♪BGM「マテリアル・ガール/Madonna」

 友達と待ち合わせの時間にずいぶん余裕をもって向かった。
 約束までの1時間をどう使うか?
 頭の中では“本屋さん”VS“CDショップ” の闘いが行われ、結果、
 引き分けとしたにもかかわらず、先攻だった本屋さんのみで「終了のゴング」。
 立ち読みもしてないのに本屋さんでの1時間はあっと言う間に過ぎていった。
 まだ家には他に読んでない本があるから“見るだけ”のつもりで入ったのに
 しっかり「最後の将軍_徳川慶喜_」By:司馬遼太郎をご購入〜!
 
 CDショップ・レンタルビデオ店・文房具店・オモチャ屋・カメラ店…
 どうしてもあらがえない、私にとっての魅惑の誘惑ゾーンの数々。
 あのCDも欲しいなぁ〜、、、(^^!) 

6月3日(火) 愛の告白をされた日

 キラキラとした瞳の人に「大好き!」と、人の目も気にせずに言われた…
 手を握られ、まっすぐ見つめられ、そして「愛してるんだから」と…
 両腕をいっぱいに広げて、ぎゅっとHugされる…
 こんなストレートな愛情表現には女心を思い切りくすぐられる。
 でも、そんな彼はとっても可愛い小学5年生。
 彼が大きくなって好きな誰かが現れたら、やっぱりその人だけに
 「大好き」ってまっすぐに言える、そんな人になって欲しいな。
 ありがとう! (*^ ^*)

6月2日(月) 陽射しをあびて

もったいない位の快晴。こんな日は出掛けるべし!
という事でオープンテラスのカフェへと車を走らせる。
川のせせらぎに混じって、時折聞こえるウグイスのさえずり。
鮎漁の解禁で、友釣りをしている人の姿が遠くに見える。
すいかの香りに似た鮎の香がここまで漂ってくるような…

柔らかい陽射しをまとい、のんびりカフェで過ごすひととき。
幸せの音まで聞こえてきそうな今日の一日にありがとう。

6月1日(日) 地平線が見たくなる日

 台風一過の置き土産は、澄んだ空気、抜ける青空、髪を心地よくなでる風。。。
 こんな日は地球の大きさを思い切り感じたい。
 でも海にも山にも行けなかった私は、青空とにらめっこして
 すぐ負けるを繰り返した。  It made me smile. 
  私も誰かにこんな笑顔をプレゼント出来るといいな…。
 
 ラジオから聞こえてきたノラ・ジョーンズの歌声が、
 今日あった楽しい事、嬉しい事、素敵な人たち、、、
 全部を緩やかに私の身体の中に染み渡らせるように漂う。
 そんな夜に、ひとり地球を手にとって転がしてみた。