December  2003


12月23日(火・祝)  

御前崎に出動。
巨大亀発見!

12月22日(月)  師走

師走の道はどこも混んでいる。
そんな中いそいそと私も車で出掛けた。
するとクリスマスもまだ済んでいないのに、門松をたんまり載せたトラック発見。
なんだか気だけ追い立てられている気がする。
でも門松トラックの後ろを渋滞の中ゆっくりと進んでいくさまは、
時間軸を門松に先導してもらっているような不思議な感覚だった。


12月20日(土)  ミシェル・ヴァイヨン

昨日から降り続く雪で真っ白な世界が広がっている。そして今日から
今年の各新春ロードショーが公開となった。で、その中の1本、
リュック・ベッソン脚本の“ミシェル・ヴァイヨン”の舞台挨拶が
名古屋のシルバー・ゴールド劇場であり、主演のサガモール・ステヴナンが来日。
私はその司会を務めさせていただき、サガモールさんに"ボンジュール"とご挨拶。
写真で見るよりかなり格好良い。もちろん映画の中でも素敵だったが、実物はかなり!
今回が初主演だという事だが、既に追っかけもいるらしく福岡からもお客様が。
私ももう目が完全ハートマークで、HPの日記用
として一緒に写真を撮る事も忘れてしまった。
この"ミシェル・ヴァイヨン"の冒頭でも雪の中を車が疾走するシーンがあるが、
私も帰り道、ミシェル・ヴァイヨンきどりで雪の中を車で!疾走はせず、ノロノロ。
あくまでも「きどり」のみである。安全運転第一です!



12月19日(金)  カレンダー

来年のカレンダーを自作する事になり、キュピの撮影会を行った。
やはりなかなかポーズは決まらず、キュピ用のオモチャやティッシュペーパー、
チラシで作ったこより等々、いろんなモノを動員して彼の関心を惹きながらの撮影。
最終的に一番効果的に彼の視線をとりこにしたのはポン酢の瓶だった…。
やはり猫も鍋の季節だという事を知っているのかもしれない…。
そうこうしているうちにデジカメのバッテリーが切れてしまい撮影会は中断。
今度はもっと小道具をそろえて来週にでも再開。って、今年中にカレンダーは出来るのか?
そんな事を話しながらキュピの足をなでていたら、手を噛まれた。今年中に作れという事か!?


12月13日(土)  寒さ増す今日この頃
静岡第二弾。寒くて乾燥も厳しいせいか、かゆい。
耳のあたりは突風にさらされているせいか、
特にかゆい。
そんなかゆみをしばし忘れて、デジカメ片手に
ウロウロしてみたら変なモノ見つけた。
例えばバナナを車中に吊してあったり、
橋にシャチホコ。(金じゃないのが惜しいが…。)
あと、ブルーのファイルごしに橋を撮ってみたら
ファンタスティックな感じになって良い感じ。
帰り道で日が沈むのを撮っていたら、
ラジオから流れる1曲が終わらない内に、
あっと言う間に沈んだ。
きっと太陽も寒いから早く家に帰るのだろう。

12月12日(金)  手袋

寒い。本当に冬がやってきている。
今日は静岡の海に来ている。っていうか、「今日は」ではなく「今日も」だ。
寒いという事はあらかじめわかっていたので、今年初めて手袋を持参。
手袋をしながら一眼レフのシャッターを切るのはそんなに難しい事ではないが、
やはりなんだか違和感がある。こんな風に手袋はいつもすこ〜しだけ違和感を感じさせる。
でも寒さには勝てない。明日も手袋をして海に行く予定。という事で静岡泊。


12月10日(水)  焼き芋

いもぉ〜、石やぁ〜きいも〜ぉ
スーパーで石焼き芋を買った。今年初のお芋。
おやつにと思って買ったのに、そのお芋を食べたらお腹がいっぱいになってしまい
結局晩ご飯が食べられなくなってしまった。
少しにしておけば良かったと後悔しながらも、その美味しさに近々また買いに行くのだろう。
でもやっぱり買うときにちょっと恥ずかしいと思う私。
こうしてまだ恥じらいはあるようだと、冷静に考える所が少しやばいかも…


12月9日(火)  It's New

狙っていたカーテンをバーゲンで安く購入!本日新しいカーテンのお披露目となった。
以前のよりも少し明るめのオフホワイトにしたせいか、部屋が広くなった気がする。
今年はこうして気が向いた時に少しずつ模様替えを敢行しながらの大掃除。
が、ここ数日の冬型の気圧配置で高山には雪が降った今日、水の冷たさが雑巾がけを渋らせる。
そういえば車もそろそろ洗わなきゃダルメシアン状態。
しばし新しいカーテンが風に揺れるのを眺めながらそんな事を想っていたら、
あまりの 寒さに今年初のコタツ亀になってしまった。


12月7日(日)  

昨日とはうって変わり、今日は遠出。
私が好きな景色10選の中のひとつである海岸へ。
海を眺めながら空に足を延ばして写真を撮ってみたら、
足を向けられ青空の気分がブルーになったのか、加工も何もしていないのに、
不思議な右の写真がとれた。単なる光の悪戯だとは思うが、面白い。
しかし海岸では砂が痛い。風に乗って襲ってくるように私を叩く。
家に帰ってお風呂あがりに耳掃除をしたら砂が出てきて驚いた。
甲子園でもあるまいし、持ち帰ったつもりはない。
帰りにまた美味しいラーメンを食べたが、出てきた途端に
写真を撮るのも忘れてしまい、またラーメンの写真撮れず。


12月6日(土)  一歩も

天気の悪さもあり、今日は一歩も外に出ていない。
万歩計をつけていたら、今日は怖い数字が表示されてしまう。
身体は使わないとどんどん衰えて行ってしまうので、せめて筋トレでも、と思ったが
なんだか疲れてしまってやる気が起きない。一体何に疲れたんだ…?
とにかく明日は外に出よう。どうか良い天気になりますよ〜に。
しかし家の中にも楽しい事がたくさんありすぎる。冬は出不精とデブ症になりがちだ…


12月5日(金)  一度は…

駅で「人生一度は万博だ」というポスターを目にして思い出した。
私は人生で一度は舞妓さんになってみたかった。で、何年か前に写真だけ撮りに行った。
そしてハワイにも住んだし、NYにも行った。こんな風にいくつかは実現してきたが、
あと人生一度は!と想っている事は
@ 猪木さんにビンタで気合いを入れてもらう
A ドームで巨人のユニフォームを着てピッチャーマウンドに立ち、投げる
B 本を出版
などなど、言い出したらキリがない。果たしていくつ実現化出来るのか!野望は果てしない∞


12月2日(火)  良い天気

週末からのぐずついた天気にピリオドを打ったかのような晴天の今日。
部屋の窓をぱぁ〜っと開けて深呼吸。キラキラとした太陽を吸い込んだ気分。
後ろから布団が干してくれ〜と叫んでいた。
そのリクエスト通り布団を干し、洗濯にとりかかったが、我が家の洗濯機は二層式で、
私はいつも洗濯機の中をぐるぐるスイスイ回転する洗濯物の様子を眺めてしまう。
そして何でもない事をぼ〜っと考えている。
洗濯物を干して一段落つくと、みかんを手に取り軽くジャグリング。
なぜかこうするとミカンがずっと甘くなる気がしているのは私だけ?


12月1日(月)  師走突入

早いもので2003年最後の月。紅白の出場者も決まり、流行語大賞等々…
そろそろ振り返り系の話題で各メディアが占領される頃。
そんな折り、突然高熱に襲われた私。これは振り返るというよりも震える私だった。
そして食欲がない私の前にサラダが出された。食べられるかな?と自信なさげに箸をつけてみたら
ゆで卵の半熟さ加減とトマトのさっぱり感+お豆腐の優しい舌触り+レタスの瑞々しい食感!
最初の危惧はどこへやら、モクモクと平らげてしまった。
これは今年一番の美味しいサラダだったに違いなく、お陰ですっかり元気になった。